真面目過ぎる性格がコンプレックスです。

私には昔からかなり悩んでいるコンプレックスがあります。

ひとつは毛深いっていうこと。今までに気になるところで目立つところは脱毛に行き処理をしています。

しかし、VIOの部分はどうしても恥ずかしくて行くことができていないんです(´・ω・`)行ってしまえばなんてことないんだろうけど・・・

VIO脱毛は医療レーザー脱毛が確実!どんな形にする?

やはり一番悩みがなくなるのは脱毛に行くことですよね・・・
もう一つ。それは職場や友人、とにかく他人に対して
いつの間にか頑張って『良い人』をつくってしまうことです。
これは本当に無意識なことで、他人の前では自分の出来る力を最大限につかい、
どこか高い評価を得ようとして基本的にに何でも無理してしまいます。
言い方を変えますと「真面目過ぎる」とも言えるのかもしれません。
お仕事で頼まれたことはすぐに引き受けますし、
悩んでいるいる人がいれば(例え自分も悩み事を抱えていても)
いつの間にか相談に乗ってあげ、ひたすら聞いてあげますし、
頼まれていないことでも「これをやっておけば全体的に効率が上がるな」
と思えば自ら進んで取り組んでいます。
お仕事上の書類なども、同僚からしてみると「もっと適当でも不大丈夫なのに」
なんて思われることも完璧を求めてしまい徹夜してでも完成させます。
ですので、自分だけのプライベートな時間が出来ますと、
急に気が抜けてグッタリと心身共に疲れてしまい
もう何もやる気が起きないくらいになってしまいます。
同じ職場などの周囲からしてみると私は「頼られるタイプ」になっていますし、
「あ~本当にコイツ真面目なんだな」と思われて良いことでもありますが、
それでは「何かを長く持続させる」というところで、
体力的にも精神的にも必ずいつか限界が来てしまいます。
因みに親などの家族から見ていてもそれが理解出来るようで、
「もっと気楽に良い意味で妥協しても良いんじゃない?」なんて
言われるのですが、分かっていても頑張ってしまうのです。
親も真面目ではではありますが『抜くところは抜き、やべきところは妥協しない』
と、生きる上で上手くONとOFFを使い分けています。
なので「一体この性格はどこからきたのだろう?」と自分でも不思議なくらいに
この真面目な性格(悪く言うと「格好つけたがり」)には困ています。
ただ、こんなことを考えるようになってからは
昔に比べると少しは妥協を覚えてきたようにも感じています。
まぁそんな自分でもよく原因が分からないコンプレックスですが、
少しずつでも今後もっと自分が良い意味で妥協できるように、
また、コンプレックスで無くなるように、落ち着いて考えていきたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>